過払い金返還請求実績豊富。費用は回収報酬のみ、相談料・着手金はいただきません。

過払いとはabout kabarai

過払い金請求の期限と時効消滅

過払い金の時効は、10年です。

すでに完済された方も、通常は、最後に取引をした日から10年以内であれば、過払い金が返ってくる可能性があります。
最後に取引をした日から10年経過してしまうと過払い金返還請求が難しくなりますが、過去に途中で一度完済した場合は別です。

例えば10年前に途中で一度完済していても、その半年後に再び同じ業者からお金を借りたことがあれば、過払い金返還請求ができます。
その後に同じ業者からお金を借りて取引を再開し、最後の取引から10年経過していなければ、過払い金返還請求することが可能なのです。

例を挙げてみましょう。
2000年12月31日が最後の取引だった場合、2010年12月31日には時効が完成してしまい、それ以降には過払い金を取り戻すことが難しくなります。

ただ、途中で一度完済した日から次の取引までの期間によっては、非常に難しい問題になる場合もあり、裁判所の判断も分かれていますので数ヵ月以上の空白期間がある場合は注意が必要です。

例えば、2005年12月31日が最後の取引だけれども、2000年12月31日に一旦完済し、2004年7月1日に、同じ業者からまた借りていた場合はどうでしょう?
この場合は、2000年12月31日までの取引は2004年7月1日以降の取引とは別個のものであるとみなされる可能性があり、その場合は2000年12月31日までの取引から生じた過払金は10年の経過により消滅してしまいます。

なお、途中で一度完済した場合のその前後の取引が、別個とみなされるか、連続しているとみなされるかは、取引がなかった期間だけでなく、その前後の契約内容なども重要な判断材料になり、一概に期間だけでは判断できないことも多くありますので、期間だけであきらめてしまわないでぜひ弁護士にご相談ください。
ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ