過払い金返還請求を検討中の皆様に必要な情報を取りまとめました。

債務整理とは?メリット・デメリット

債務整理って一体なに? 債務整理手続きとは、支払えなくなった借金を減額したり、支払えないことを認めてもらう手続きです。
借金が無くなる代わりに失うものがあったりしますので良いことばかりではありません。
ただ、支払い続けることができない借金を、適切に処理することは債務者、債権者双方にとって重要なことです。
  1. 【1】債務整理の種類
  2. 【2】債務整理のメリット・デメリット
  3. 【3】債務整理と過払い金返還請求の違い

【1】債務整理の種類

債務整理の手続きには大まかに次の3種類があります。

  1. 1 任意整理手続き ・・・ 借金をしている業者に対して支払額の一部(多くは金利部分)を減額してもらう手続きです。
  2. 2 個人再生手続き ・・・ 裁判所を通じて債務を減額してもらう手続きです。任意整理に比べると減額幅は大きくなります。
  3. 3 自己破産手続き ・・・ 裁判所を通じて財産を清算し、借金を免除してもらうことです。

それぞれの手続きには特徴があり、メリット・デメリットがあります。

【2】債務整理のメリット・デメリット

債務整理に共通したメリットは次の通りです。

  1. 1 借金が減額される。又は無くなる。
  2. 2 弁護士に依頼した時点で、督促が止まり支払いが不要となる。


債務整理に共通したデメリットは次の通りです。

  1. 1 手続きには費用がかかる。
  2. 2 信用情報機関に手続きが記録され、数年間は新たな借入が困難となる。

任意整理手続きのメリットは次の通りです。

  1. 1 財産などを手放す必要はない。
  2. 2 家族・会社に秘密で手続きができる。

任意整理手続きのデメリットは次の通りです。

  1. 1 安定した収入が無いとできない。
  2. 2 あくまで任意なので借金を減らせる額が小さい。

個人再生手続きのメリットは次の通りです。

  1. 1 一定の財産を残すことができる。
  2. 2 任意整理と比べて借金を減らせる額が大きい。

個人再生手続きのデメリットは次の通りです。

  1. 1 安定した収入が無いとできない。
  2. 2 手続期間中など就ける職業に制限がある。

自己破産手続きのメリットは次の通りです。

  1. 1 原則、借金を無くすことができる。
  2. 2 収入が無くてもできる。

自己破産手続きのデメリットは次の通りです。

  1. 1 持ち家等の財産を失う可能性が高い。
  2. 2 家族に秘密とすることが困難。

【3】債務整理と過払い金返還請求の違い

債務整理と過払金返還請求はもともと借金が無い方には無縁の手続きであることは共通しています。
しかし、債務整理は借金を減額または無くすことが目的ですが、過払い金返還請求は、払い過ぎた利息を返してもらうことが目的ですので、まったく性質が異なる手続きと言えます。
過払い金返還請求で過払い金が戻ってきたら、そもそも債務整理の手続きは不要である方もいるわけですから、先ずは過払い金が有るのか、有るならどのくらい返ってくるのかを調査してもらってから、債務整理について考えても良いかもしれません。
もちろん状況によっては債務整理手続きがとにかく必要という方もおられますので、お近くの弁護士にまずはご相談ください。
弁護士法人プロフェクト法律事務所では、相談無料、過払い金の調査は無料、過払い金返還請求の際の着手金も無料となっております。
お気軽に通話料無料の0120-316-602(平日9時~19時)までお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ