依頼者インタビュー。主婦Aさんの場合。過払い金返還請求のご相談ならプロフェクト法律事務所。

依頼者インタビューinterview

主婦Aさんの場合

まずはAさんが借金をしたきっかけを教えてください。
大学卒業してすぐの頃、給料が少なくて生活していくだけでいっぱいいっぱいだったんです。でもどうしても買う必要のある物があって、初めてアイフルでお金を借りました。

アイフルに決めたのはどうしてですか?
特にアイフルがいいとかじゃなくて、近くにあったから。ほんとに軽い気持ちでした。借りたときは本当に不安もなくて、最初は5万円とか10万円くらいの枠しかないし、月々5000円なら返せると思いましたね。

実際、返済が始まってみてどうでした?
だんだん借りられる枠が増えていって、友人の結婚が続いたりし何回か借りましたが、ふと気付いたんですよね。返済しても、借りたお金(元金)ぜんぜん減ってないって。それから利子の計算を覚えて、毎月毎月返済のことばっかり考えてました。 本当にしんどくて、完済したときは、やっと終わった!と思いました。

では過払い金返還請求のことを知ったきっかけは何でしたか?
テレビや新聞などで過払い金のことを知りました。でも、そういうのがあるんだなというくらいの気持ちでしたね。

すぐに過払い金を請求しようと思わなかったんですね?
お金が返ってくるとか、そんなうまい話にはきっと裏があるはずだと思って(笑)

なるほど。それでもプロフェクトに依頼してくださったわけですが・・・
インターネットを見てたら、たまたまプロフェクトさんのホームページを見つけて、ここなら頼んでもいいかなと思って。そのときは直感です。それでも1か月くらいは悩みましたけどね。すぐに決めずに、ホームページを後からもういちど見なおしてみて、資料請求しようと思いました。

ほかにもたくさん事務所がありますが、プロフェクトに決めた理由は何だったのでしょう?やっぱり直感で?
「頼むならここにしよう」と決めたのは直感だったんですけど、実際に依頼した決め手は【一貫した説明】でしたね。それまでほかの事務所のホームページも見ていたんですけど、「過払い金を請求したら返ってきた!やったー!終わり!」っていう良いところだけが強く書かれていて。それに過払い金じゃなくてもあるじゃないですか、頼んでみたら、実はほかにこんな費用が必要でしたとか、届いた資料に小さな小さな字で但し書きがあったりとか。でもプロフェクトさんは、ホームページの説明も、送られてきた資料も、電話で質問したときの回答も、一貫した説明だったので、それが安心につながったんだと思います。

依頼前に不安はなかったか、たずねようと思ったのですが、依頼前に不安が解消できていたんですね
はい。申込書と一緒に案内の冊子をもらったので、どこかに小さな小さな但し書きがないかと隅々まで読みましたけど、ありませんでしたしね(笑)不安はなかったです。

では実際に、3社をご依頼いただいたあと、過払い金がいくらになるかお伝えしたとき、どう思われましたか?
2社については「あ、こんなに返ってくるの?」っていうのと、アイフルは時効だったので「しまったー」っていうのと2つですね。自分では時効になってないと思っていたので、すごくがっかりしました。でも、時効でも調べてもらった費用はいらなかったので、その点は助かりました。これも依頼前に受けた説明と変わりなかったですね。当たり前ですけど、安心しました。

手続き中に、なにか面倒に思ったことはありましたか?
特になかったですね。しょっちゅう連絡があるというよりは、何か動きがあったときにきちんと連絡をもらえたし、メールでも返信できるのがよかった。電話も、長時間お話しすると小さな子供がぐずり始めたりするんですが、端的に必要なことを伝えてもらえたので助かりました。

ちなみに、過払い金は何に使われたのか、聞いてもいいですか?
あ、聞きます?(笑)2社返ってきたうち、1社分は子供が大きくなったときに引っ越すつもりなので貯金しました。もう1社分は、いままで切り詰めた生活だったので、主人と子供たちにプレゼントを買いました。自分にも(笑)。あとは遊びに行ったときに、すこし贅沢な外食にしましたね。残った分は、やっぱり貯金しました。

すごく計画的ですね。
借金をしたのは失敗だったと思ってるんです。身の丈にあった生活をしていなかったことを反省したんですよね。だからいまは本当に必要最小限のカードしか持っていないし、手元に見えているお金だけで生活して、引越しするためにお金を取っておこうと思ってます。

最後に、過払い金返還請求する前と後とで、心境の変化はありましたか?
依頼する前は不安で1年以上も悩みましたが、依頼した後はもっと早く依頼しておけばよかったと思いましたね。時効になっていなければ!と思う気持ちはやっぱりありますよ。でもそれは自分への戒めとして、覚えておきます。

依頼した3社のうち、1社は時効になってしまい、過払い金を取り戻すことができなかったAさんでしたが、最後には「取り戻せるものを取り戻してスッキリした」というお気持ちを聞くことができました。
ページの先頭へ戻る

過払い金調査実施中

資料請求のお申し込み

過払い額計算

関連サイト

プロフェッショナルだからできること。一般相談

借金のお悩みは弁護士に。債務整理

相続問題のご相談は弁護士に。相続遺言成年後見

最善の弁護活動をあなたに。刑事・少年事件

ページの先頭へ