過払い請求ができる人についてご紹介します。過払い金返還請求のご相談なら、プロフェクト法律事務所。

過払いとはabout kabarai

貸金業者に過払い金請求ができる人

過払いは、消費者金融からの借り入れだけではなく、クレジットカードでのキャッシングなども対象です。
また、完済(解約)していても、返済中でも、請求できます。

完済済みの方

利息制限法所定の制限を超える高金利で借り入れをして完済をした場合は必ず過払い金が発生します。
サラ金を普通に返し終わった人の場合、通常、過払い状態になっており、返還請求ができます。

また、過払い金は、取引期間が長ければ長いほど多く発生することになります。
消費者金融などの業者と長期間にわたって取引をしていたが、もう解約してしまっている、という場合でもいくつかの条件をクリアすれば、過払い金が戻ってくる場合があります。

返し終わっているのに、過払いが発生していない例外的な場合もあります。業者との契約利率がずっと法定利率(15%から20%)以下だった場合は、過払いになりません。
銀行ローンや不動産担保融資などの場合には例外的にあり得ます。

返し終わったのが10年以上前だった場合は、過払い金の返還を請求する権利が時効で消滅した可能性があります。(通常、過払い金の返還を請求する権利は10年で時効となります。ただし、この場合でも、裁判で絶対に認められないとは言い切れません。)

弁済途中の方

高い利率で長期間(5年以上程度)返済している場合、過払い状態になっており、過払い金の返還請求ができる可能性が高いです。

また、それ以外の方も、債務金額を減少させることができます。場合によっては、過払い金の返還請求が出来ることもあります。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ