過払い金と保証人についてご紹介します。過払い金返還請求のご相談なら、弁護士法人プロフェクト法律事務所。

過払いとはabout kabarai

過払い金と保証人(連帯保証人)

1. 完済後の過払い金返還請求の場合

保証人がついている商工ローンや不動産担保ローンなどを完済してから過払い金返還請求をする場合には、業者から請求される借金はもうなくなっているので、保証人に対して請求されたり、連絡がいったりする心配は通常ありません。

しかし、保証人が取引の途中や最後に支払って完済した、などといった場合には保証人にも過払い金を請求する権利があり、このことを口実に業者が対応してこないことがあります。

もし、こういった事情がある場合には、保証人の方と連絡がとれる状態であることが望ましいですが、一度弁護士にご相談なさることをお勧めします。

2. まだ返済中であるが、取引期間が長いなどの理由で過払い金が生じる見込みが高い場合

この場合、ご本人が過払い金返還請求をすると、契約上の残高はまだ残っているので保証人に対して請求が行く可能性があります。

この状況を避けたい場合は、一度完済してから過払い金返還請求をするという方法もありますが、過払い金の全額を取り戻せるとは限らないので、保証人の方と一緒に弁護士に依頼なさることをお薦めします。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ