過払い金と相続についてご紹介します。過払い金返還請求のご相談なら、プロフェクト法律事務所。

過払いとはabout kabarai

過払い金と相続

ご両親のどちらかなどが多くの借金を残して亡くなられたような場合、相続人は残された借金を引き継ぐことを避けるため、相続放棄をすることがよくあります。

しかし、その借金も取引期間が長ければ、実は過払い金という「資産」になっている可能性が十分にあります。

ですので、あわてて相続放棄をしてしまう前に、まず、借金の内容を確認する必要があります。もし過払い金が生じていなかった場合に借金を引き継いでしまわないよう、急いで弁護士に依頼なさるべきです。

また、相続放棄をするかどうかは、原則として相続が始まってから3ヶ月以内に決める必要がありますが、過払い金が生じているかどうかがすぐにわからない場合には、3ヶ月の延長を裁判所に申請することができますので、弁護士にご相談ください。

なお、相続人が過払い金返還請求をするには、誰が過払い金を請求する権利を相続したのかを確定する必要がありますが、戸籍謄本などで確認することができますので、これもぜひ弁護士にご相談ください。

亡くなられたご家族が借金を完済している場合も、過払い金が発生している可能性があります。ただし、完済してから長期間経過すると時効になってしまうなど、むずかしい問題もありますので、まずはお早めにご相談ください。
ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ