信用情報問題についてご紹介します。過払い金返還請求のご相談なら、弁護士法人プロフェクト法律事務所。

過払いとはabout kabarai

信用情報について

世間で言われている、「ブラックリストにのる」というのは、延滞や債務整理などに関する情報を、貸金業者が加盟している個人信用情報機関という民間の団体に登録することをさしています。
つまり、法律制度として動いているのではなく、各貸金業者がそれぞれの判断で行っている情報交換ですので、確実にどうなるということは申し上げることができません。

一般的に、借金をすべて返し終わって取引が完全に終了し、契約を解約している場合は、登録する「取引」や「契約」自体がすでにないわけですから、過払い金返還請求をしたからといって、何らかの記載がなされることのないのが通常です。
また、返済中に過払い金返還請求を行った場合、以前は、全国信用情報センター連合会(全情連)という情報機関においては「契約見直し」「完済」という記載がなされ、これをみると延滞や債務整理などではなく過払い金返還請求があったということがわかりました。

しかし現在、全国信用情報センター連合会を含むいくつかの信用情報機関が統合してできた日本信用情報機構(JICC)においては、平成22年4月19日をもって「契約見直し」という記載を一切廃止・削除するとしています。

ただし、借金ができなくなるかどうかは、借金を申し込まれた金融機関が申込者の返済能力をどのように判断するか次第ですので、一概に何とも言えません。
また、すでに使用されているクレジットカードがすぐに使えなくなるなどということはないはずですが、これについても当事務所としては断定は差し控えています。

なお参考までに、登録内容はご自身で各信用情報機関に請求すれば知ることが可能です。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ